浪人・宅浪・仮面浪人・再受験に役立つ情報や勉強法などを紹介します。

春は遅れてやってくる|浪人生のための大学受験情報メディア

未分類

エスカレーターガチ勢が語る、エスカレーターを100億倍楽しむ方法

更新日:

どうも!キャベチです。

 

突然ですがみなさん、エスカレーターって知ってますか??

まあ日本人であれば誰でも一度は見たことのあるあれです。

 

普段何気なく乗って終了、って方が多いと思いますが、はっきりいって人生の楽しみの大半を無駄にしていますよ!

 

僕自身エスカレーターガチ勢なので、スマホのカメラロールに100枚近くエスカレーターの画像が入っている「エスカレーターフォルダ」が存在していたり、エスカレーターを乗る目的で札幌から東京に遊びに行ったりしてます。

 

ではなぜ僕がここまでエスカレーターに惚れ込んでいるのかというと、エスカレーターの楽しみ方を熟知しているからなんですね〜

なんと今回は特別に知っておくと人生が豊かになるエスカレーターの楽しみ方を皆さんに伝授しちゃいましょう!(全米から沸き起こる割れんばかりの大歓声)

 

その楽しみ方はズバリ「エスカレーターの芸術的魅力を知ること」です。

みなさんが気にしていないだけで、実はエスカレーターは芸術的な魅力であふれているんですよ。

 

今回はエスカレーターを100億倍楽しむための視点を、僕のエスカレーターフォルダ内にある秘蔵の画像付きでご紹介します!

エスカレーター配置の表現技法

エスカレーターの配置には特に趣があり、その配置方法には表現技法があります。

これらを知識として押さえておくと、実物と出会った時に他では味わえないような大きな感動を味わうこと間違いなし!

 

それでは以下でその代表的な配置の表現技法を紹介していきます。

クロス

クロス最も一般的な配置です。

通常登りと下りのエスカレーターがクロスして配置されているデパートとかでよく見るやつですね。

 

高い階層まで連続してクロスしているほど希少価値が高まります。

ちなみに僕が見たクロスで最高の高さが「明治大学のリバティタワー」です。(2F-17Fくらいまで連続)

並列

並列タイプもよく見る配置ですね!

エスカレーターが長いほど見栄えが良いです。

 

東京の地下鉄とかめちゃくちゃ長い並列エスカレーターとかたくさんあるからスキィ…(恍惚)

アシンメトリー

アシンメトリーはエスカレーターの幅や構造が異なる物同士の配置です。

1枚目は幅が異なるもの同士のクロスで、2枚目は両サイドの構造が全然違うタイプ同士の並列です。

 

アシンメトリーだとクロスや並列の希少価値が増し、美しさが際立ちます。

カーニバル

カーニバルは3台以上のエスカレーターが並んでいる配置です。

クロスしてたり並列だったりと様々な形があるのが面白いタイプです。

 

4台以上並ぶと写真を撮りたくなります。

秘境

秘境はクロスの最上階などで、終わると見せかけての別の場所での継続です。

かなり希少価値が高いタイプです。

 

もう終わりか…と凹んでいる矢先に新たな出会いを提供するという、乗り手の感情の浮き沈みを巧みに利用したこの手法はまさにテクニシャンの所業です。

ギャップ萌え

ギャップ萌えは、大学や病院など本来ないであろう場所にあえてエスカレーターを配置する技法です。

予想外の場所でのエスカレーターとの出会いは、しっかりしてそうなお姉さんが実はドジっ子だった時くらいの萌えインパクトがあります。

 

ちなみに画像は早◯田大学政治経済学部棟と登別の某温泉旅館です!

特殊な構造を持つエスカレーター

これまで紹介した配置による魅力の他にも、単体のエスカレーターのみで魅力を醸し出す特殊なエスカレーターも存在しています。

以下でそれらも紹介しましょう。

動く歩道

動く歩道は、空港などでよく見られる水平に移動するタイプのエスカレーターです。

長いほど価値が高いですね。

 

動く歩道で歩くのはナンセンス!!

そんな人がいたら僕が責任を持って反対側からラリアットをかまします。

オートスロープ

オートスロープは、動く歩道に上下の傾きをつけたバージョンです。

某ジャ◯コなどでよく見られます。

 

場合によってはクロスで連なるエスカレーター全てがオートスロープの場合もあったりして、めっちゃイカしてます。

(画像はこちらから引用→http://atake-i.jugem.jp/?eid=1235656)

ただただオシャレ

エスカレーターの中には上記の画像のように、配置も構造も平凡なのに表現しきれない魅力を醸し出すものも存在しています。

 

正統派の美しさを誇るこのエスカレーターの画像は、僕が持っている中でもかなりお気に入りの一枚です。

変則エスカレーター

変則エスカレーターは「段差→平行→段差(1枚目)」「動く歩道→オートスロープ(2枚目)」など、特殊な構造を持つエスカレーターです。

 

かなり希少価値が高く、レア度SSRくらいはあります!

ぜひ珍しい構造のエスカレーターがあれば写真に納めてください。

カーブ

カーブタイプ曲線軌道を描く美しいエスカレーターです。

希少価値が極めて高く、乗る者に幸運をもたらすと噂されています。

 

あまりに珍しいので僕も未だに実物を見たことがありません!

(画像はこちらから引用→http://www.woodball.jp/archives/2012-01-11.html)

エスカレーターは「人類が存在する意味」

いかがでしたか?

あなたはすでにエスカレーターのあまりの芸術的魅力に酔いしれていること間違いなしでしょう。

 

そしてここまで読んだなら、薄々勘付いている人もいるかもしれません。

…そう、エスカレーターこそが人類が生み出された意義なのだと。

 

美しい地球の環境を汚し、他の生命を絶滅に追いやり、挙げ句の果てに人類同士で醜い争いを繰り広げる…

こんな罪深い人類が存在する意義とは一体なんなんでしょうか?

 

その問いの答えこそ、エスカレーターなのです。

私たちはこの美しいエスカレーターを創り出すためにこの世に産み落とされたと考えれば、全ての辻褄が合いませんか?

??「やばいよね!ヤバタクスゼイアンだよね!もうパンドラの箱開けタクスゼイアン!!

 

 

 

 

 

 

 

〜Fin〜

(良いエスカレーターなどがあったらコメント欄でぜひ教えてください!)

-未分類
-

Copyright© 春は遅れてやってくる|浪人生のための大学受験情報メディア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.